HOME > キワニスとは > キワニスクラブについて

キワニスクラブについて

キワニスクラブは、奉仕活動を行う民間の団体です。

キワニスクラブは、奉仕活動を行う民間の団体です。
1990年からは、特に幼い子どものための奉仕活動にカを入れています。
世界の85か国、約7300のクラブ、20万人が国際キワニスを構成し、その本部は、米国インディアナポリスにあります。

キワニスクラブは、1915年1月21日米国デトロイト市で生まれました。当初はアメリカとカナダで発展していましたが、1963年にはヨーロッパ3都市に広がり、日本では、東京キワニスクラブが1964年1月24日、アジア太平洋地域で最初のクラブとして設立されました。

次いで名古屋、大阪、広島、神戸、仙台、札幌、横浜、高松、福岡、京都、千葉、和歌山、新潟、泉州、埼玉、西宮、福山、熊本、静岡、金沢、松江、鹿児島、芦屋、福島、千代田、長崎、宮崎、佐賀、秋田、大垣、福井、沖縄、徳島の順に生まれ、現在35のクラブ、会員は約1,950名です。

東京キワニスクラブは、1967年2月27日社会奉仕団体として初めて、厚生大臣より、社団法人を認可されました。
2012年10月1日に一般社団法人に移行いたしました。

写真写真写真写真写真
「キワニス」の由来

キワニスとは、デトロイト周辺に住んでいたアメリカ原住民の言葉
“Nun-Ke e-Wan-is”(みんな一緒に集まる)に由来します。

ページのトップへ