HOME > 活動紹介 > IDD撲滅運動

IDD撲滅運動

IDD(∃一ド欠乏症)撲滅活動

精神障害などさまざまな障害を子供達にもたらすヨード欠乏症(IDD=Iodine DeficiencyDisorders)は、日本ではなじみのない病気ですが、世界では多くの人々がこの病気に悩んでいます。人の一生に必要なヨードは茶さじ一杯分といわれていますが、毎日の摂取が必要です。
 1990年、“Young Children:Priority One’’(幼児:最優先)の標語の下、子供達への奉仕活動に本格的に的をしぼった国際キワニスは、1993年のニース大会で、世界奉仕活動(World Service Project=WSP)としてこのヨード欠乏症対策を発表、翌1994年、ニューオーリンズ大会で2000年末までに7500万ドルの募金をしてこれを撲滅するという誓約を採択しました。
 具体的には、国際キワニスが国連のユニセフとパートナーシップを組み、キワニスが募金活動、ユニセフが実行部隊を担い、世界の危険地帯に食塩にヨードを添加する工場を1000ヶ所設置し、恒久的にヨードの供給を確保しようとするものです。国際キワニスは、007シリーズの映画俳優ロジャー・ムーア氏を IDD撲滅活動名誉会長に任命し、積極的な募金活動に乗り出しました。同氏は2001年4月に来日し、IDD撲滅の重要性を訴えております。
 キワニス日本地区は会員数比率(約0.05%)を大幅に上回る100万ドルを約束し、東京クラブは25万ドルを分担しました。東京クラブはこのプロジェクトの早い段階で、クラブ設立30周年記念事業の一環として、5万ドルの拠出を表明するなど積極的な募金活動を行い、目標を1999年末までに達成し、キワニス日本地区も2000年11月に約束を達成しました。これまでのキワニス日本地区の拠出は2000万人以上の子供達を救ったことになります。国際キワニスの目標達成はやや遅れ、2002年3月末で6900万ドルとなっています。
10年前、ヨード添加塩を必要とする子供達の15%しか供給できなかったのに、今日供給できる割合が80%に増え、多くの子供達がヨード欠乏症の影響なしに生まれてくるようになりました。
 しかし、まだ20%もの子供達はヨードの供給を受けられないでおり、世界のキワニアンは、今もこの対策を継続しています。

ページのトップへ