HOME > 活動紹介 > 活動概要

活動概要

東京キワニスの諸活動

1 奉仕活動

「キワニスドール」をつくる会

(1) 「キワニスドール」をつくる会

大学、高校のボランティア活動、企業の社会貢献プログラムとタイアップして、「キワニスドールをつくる会」を行っています。会員を中心にパートナーを含めてキワニスドールをつくっています。2009年から毎年、キワニスドールの利用実例などについての情報共有をはかり、つくる側と利用する側双方の課題を議論しあう場として、「キワニスドール・フェスティバル」を開催しています。

キワニスドールをつくる会

<ドールを寄贈している病院>
癌研有明病院、国立がん研究センター、日大病院、
国立成育医療センター、東京医科歯科大学、慶応病院、
順天堂大学病院、亀田総合病院  他多数
キワニス子ども食堂&料理教室

(2)キワニス子ども食堂&料理教室

ひとりっ子・共働き・ひとり親等から「孤食」が増加する中で、世代を超えて楽しく語り合いながら、「美味しく」食べる機会の提供として、「キワニス子ども食堂」を学士会館精養軒等とともに開催しています。 また、その進化系として、「キワニスかんたん子ども料理教室」を豊島園の協力を得て開催しています。

寺子屋

(3)寺子屋

子ども達のための「居場所」作りとして、杉並の妙法寺で小学校の行事のない毎週土曜日9時〜12時半に小学生が宿題・読書・漢字検定の勉強などを行う「寺子屋」を開催しています。また、孤食になりがちな子ども達のために、昼食を用意し、子ども達同志のネットワーク作りや会員とのコミュニケーションの場にしています。

寺子屋in妙法寺

(4)キワニス奨学金(児童養護施設卒園進学者支援制度)

児童養護施設から大学・短大・専修学校への進学者向けに年間40万円(最長4年間)の奨学金(生活サポート)制度を2016年にスタートさせました。現在は2名の学生を支援しています。奨学金は会員からの寄付で賄っています。

(5) キワニス「社会公益賞」の贈呈

社会公益のために、長い間献身し続けている団体や個人に、賞状と副賞賞金を贈呈しています。

<最近の受賞団体>
こどものちから、さーくる緑、こころの青空基金、
アクアリズム、ハーフタイム、みんなのおうち、
ひまわりProject Team、音楽の花束、他多数

(6) 東京キワニスクラブ「青少年教育賞」の贈呈

国際的な活動を含め青少年の健全育成に努めた個人または団体に、賞状と副賞賞金を贈呈しています。

<最近の受賞団体>
日本教育再興連盟、僕らの夏休みProject実行委員会、
MAKE SMILE、STP Cambodia、身延山高校、IVUSA、
田園調布学園、JUNKO Association、国際基督教大学、他多数

(7)キワニス「奉仕賞」の贈呈

キワニスクラブが行う奉仕活動に協力し参加する中学・高校・大学・専門学校等の団体(学生サークル、同好会を含む)に、賞状と副賞賞金を贈呈しています。

<最近の受賞団体>
豊島子どもWAKUWAKUネットワーク、荏原看護専門学校、
大妻中野中学・高等学校、東京家政学院中学校・高等学校、
都立板橋看護専門学校、他多数

(8)オレンジリボンキャンペーンへの参加

「子ども虐待防止運動」に、積極的に参画しています。

(9) 募金活動ならびにチャリティーイベントの開催

災害支援、ファミリーデーやチャリティーコンサートで募金や寄付を集めています。

(10)青少年とのネットワーク「ユースフォーラム」の推進

青少年社会奉仕団体とネットワーク化し、交流会を開催しています。

(11)「慰霊の泉」清掃

靖国神社境内に当クラブが建てた「慰霊の泉」とその周辺の清掃を、有志会員が行っています。

2 例会

東京キワニスクラブは毎月第1、第3、第5の各金曜日に昼食会を行い、これを例会としています。例会では外部有識者または会員による卓話が行われます。

3 火曜会

毎週火曜日の昼食時に、銀座7丁目サッポロライオン2階特別室で、食事をしながら自由な懇談を行っている会です。会員ならば誰でも参加でき、費用はライオンメニューから好きなものをオーダーするだけの手軽さです。

4 国際懇話会

1〜2ヶ月に1度、在京の外国人あるいは国際的に活動している方を夕食会に招き、時の国際問題について話を伺い、質疑応答も行います。

5 国際キワニス会議への参加

東京キワニスクラブは、キワニスの国際的組織である国際キワニス(Kiwanis International)の年次総会とアジア太平洋総会(ASPAC)に参加しています。これらの会議が開催されるときには、代表して会議に参加する役員の他、一般会員有志もツアーを組んで、参加して世界各地のキワニスアンと交友を深めると共に、開催地近くの観光地を訪れています。

6 会員同士のコミュニケーション

(1) 見学会

年3−4回、「奉仕」や「例会の卓話」をきっかけに、その地を訪れ、地元の方々との交流を行います。会員からの提案で、興味深いミニツアーも開催します。近年では、染色画家 鳥羽美花氏と訪ねる「京都・建仁寺の旅」、3.11から5年「東北の旅」、「学士会館」で弦楽四重奏と美味しいランチ、奨学生を励まそう「萩の旅」などを行いました。また、チャリティーイベントなども行っています。

(2) ファミリーデー

毎年1回、家族ぐるみの親睦を図るために行っています。プロ、アマチュアを問わず一流の出演者によるエンターテインメントや福引のある楽しい夕食会です。

(3) チャリティーゴルフ

年に一回、会員や家族、関係者とともにチャリティーゴルフ会を行います。

(4) 観劇会(文楽、新春歌舞伎、宝塚など)、大相撲観戦会

年末には 「第九を聴く会」 も開催されます。

(5) 囲碁愛好会

有楽町の「電気倶楽部」で原則月1回、行なっています。
会員の藤澤一就日本棋院常務理事・八段による指導碁もあります。

(6) なぎさ会(日本酒を楽しむ会)

毎月第2木曜日(1月、8月を除く)に、「クラブL 西新橋」で開催しています。
2018年3月15日には、第100回を開催。大いに盛り上がりました。

(7) ワインを楽しむ会

年3回開催。毎回テーマがあり、ワインの解説付きです。

(8) カメラ部

東京キワニスの活動を撮影、写真を持ち寄って講評会をしています。
時には、街歩き撮影会も開催します。

以上の他、会員相互の親睦を図るために「新年互礼会」、「写真展」を行うなど 会員の自主的な企画により、いろいろな奉仕、親睦活動を行っています。

ページのトップへ