HOME > 子ども食堂 > 妙法寺子ども食堂 2017.4.4

妙法寺子ども食堂 2017.4.4

好天と満開の桜に恵まれた4月4日(春休みの最後)、古刹堀之内「妙法寺」での第2回目の「子ども食堂」を開催致しました。
今回は地元の方々が中心となって運営し、我がクラブは共催者として学士会館精養軒のカレー・紙食器そして山口会員を先頭に17名の逞しい労働力を提供しました。
来訪者は320人。
子ども達は食事や手作りのデザートの後、茶道体験・バルーンアート作り・プラバン作りなど3時間をたっぷり楽しみました。
参加会員はお寺や地元の皆さんとの協賛者のそば店での「反省会」をさらに大いに楽しんで散会となりました。

妙法寺子ども食堂 2017.4.4

実行委員長 鈴木祐二会員

〜たくさんの笑顔の『子ども食堂』開催〜

4月4日、満開の桜の中、杉並区堀ノ内の妙法寺にて『みょうほうじ 子ども食堂』を催し、320名もの親子に参加して頂きました。
企画・実行隊長の鈴木祐二さんのもと、藤原ガバナーはじめ、若い方々?を中心に東京キワニスクラブメンバーの精鋭が子どもたちに、学士会館精養軒から提供されたビーフカレーや、NPO法人すぎなみのたね提供のサラダやデザートを配りました。
また会場には、茶道体験コーナーやバルーンアート作りなどの遊び場もあり、子どもたちのたくさんの笑顔と笑い声で満ち溢れており、子どもたちからは「みんなと美味しいカレーを食べられて楽しかった」「また来年もやってしてほしい!」との声も聞かれ、私達も大忙しの中、自然と笑顔でした。子どもたちの笑顔と東京キワニスクラブ・妙法寺の精鋭たちみんなで作り上げた『みょうほうじ 子ども食堂』は昨年に続き大盛況の内に幕を閉じることができました。
最後に、今回の『子ども食堂』の記事が4月5日版の読売新聞・産經新聞に大きく取り上げられました。こうした記事を取り上げてもらうことにより『子ども食堂』がさらに世の中に浸透していくことを願います。

山田明彦会員

ページのトップへ